header_sp_s

NEWS

2020.04.03 「ストレンジシード静岡2020」延期のお知らせ

ストリートシアターフェス「ストレンジシード静岡2020」延期のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、ゴールデンウィークに開催を予定しておりましたストレンジシード静岡2020は、延期を決定いたしました。公演を楽しみにされていた全ての皆様に心よりお詫び申し上げます。延期開催時期は現在検討中ですので、決まり次第公式サイト及びSNS等でお知らせいたします。

なお、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2020」および、ふじのくに野外芸術フェスタ2020静岡『アンティゴネ』公演は中止となりました。

Notice of postponement of the STRANGE SEED SHIZUOKA street theatre festival

Due to the ongoing COVID-19 situation, we have decided to postpone the STRANGE SEED SHIZUOKA 2020, which was scheduled to take place during the Golden Week holiday. We would like to express our sincere apology to everyone who was looking forward to the performances. The schedule is still under discussion and the dates will be announced on our website and social media as soon as the scheduling is confirmed.

「一旦、止まる。」

主催者である静岡市と協議の上、5月2日〜5日に実施予定だったストレンジシード静岡を、延期にすることにしました。
新型コロナウイルスの感染を抑止するためには、人の集まりを減らすことが肝要です。
ストレンジシード静岡の場合は、日本全国から人が集まります。
現時点で全国規模での終息には至っていない点、静岡市が主催する公的イベントであること、不特定多数が集まることなど、この時期での開催は、観客を含めた一般市民のみなさまの安全を考慮すると、実施困難であると判断しました。

しかし2020年度中には、叶うならばこの出演者の皆さんと一緒にストレンジシード静岡を行いたいと考えています。
しばらくは感染者数の推移を見ながら、なるべく早目にその時期を発表いたします。

また、この感染拡大期の中、緊急時における芸術文化への世間の目や関心(もしくは不寛容)はより可視化され、そもそもこの国において、なぜ芸術が必要なのか、という問いかけは今後ますます重要になっていくと痛切に感じました。

静岡市が提唱する「まちは劇場」というプロジェクトは、国内では例のないまちづくりのコンセプトであり、またストレンジシード静岡は舞台芸術の社会への必要性を投げかける大きな問いかけになるフェスティバルだと自負しています。
だからこそ、ここは、一旦止まり、より強固でより新しいフェスへの一歩を踏み出すエネルギーを溜めたいと思います。

アーティストの皆さんは、膨らんだ想像を萎ませずに心身ともに元気でいてください。
すでに聞いている構想やアイデアにわくわくしていました。必ず静岡で実現させたいです。
観客のみなさんは、静岡の街で行われる「パフォーミングアーツの遊び」を、より安全に楽しめる日が来るまでしばしお待ちください。

最後になりますが、新型コロナウイルス感染症に罹患されお亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様には哀悼の意を表するとともに、いまだ症状に苦しまれている方々に心よりお見舞い申し上げます。

2020年4月3日
ストリートシアターフェス「ストレンジシード静岡」
フェスティバルディレクター 
ウォーリー木下

“Pausing for a moment.”

After discussion with the organizer, Shizuoka City, we have decided to postpone the STRANGE SEED SHIZUOKA 2020, which was scheduled to take place from May 2 to May 5, 2020. It is crucial to avoid mass gatherings as a preventive measure against the spread of COVID-19. In the case of STRANGE SEED SHIZUOKA, many people across the country will gather to participate in this festival. Considering the safety of the general public, including the visitors to the festival, we have decided that it is not possible to hold the festival at this time of year, as the outbreak has not ended on a national scale, and it is a public event organized by Shizuoka City where a vast range of people would gather.
However, we are hoping and planning to hold the festival with the participating artists, who are already confirmed, in fiscal year 2020 (by the end of March 2021). We will continue to pay attention to how the number of COVID-19 cases changes, and announce the new dates at the earliest opportunity. Amidst the ongoing COVID-19 situation, the public’s perceptions of and attention to (or perhaps intolerance towards) theater arts in the event of emergency have been highlighted. And I came to be acutely aware of the increasing importance of asking why art is indispensable in this country.
“ON STAGE SHIZUOKA” project proposed by Shizuoka City is an unprecedented community development effort in Japan. We are conscious of our responsibility in addressing the significance and value of theater arts to society. Therefore, we pause for a moment to amass our strength to take a step towards a strengthened, renewed festival.
We sincerely hope the artists to stay hopeful and take care of their physical and psychological wellbeing. We were thrilled to hear about your concepts and ideas for your performances. We strongly wish to bring your ideas to life in Shizuoka. We would like to ask the visitors to wait for a moment until the day when “the festival of performing arts” in the city of Shizuoka can take place more safely.
Last but not least, we would like to express our deepest condolences to the victims of COVID-19 disease and their family, and our heartfelt sympathy to the people who are suffering from the disease.

Worry Kinoshita, Festival Director
Street Theatre Festival “STRANGE SEED SHIZUOKA”
April 3, 2020

一般参加募集 中止のおしらせ

新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑み、以下の「一般参加募集」を中止させていただきます。
・『オープニング・パレード』参加者
・劇団 短距離男道ミサイル 市民参加俳優
・わたげ隊
ご応募いただいた方、応募を検討いただいていた方には誠に申し訳ありません。

2020年3月29日

静岡でしか見られない。
静岡でしかありえない。

演劇・ダンスでまちを劇場にする、
ここからはじまる日本のストリートシアターフェス

いつもの街を劇場に変える、演劇とダンスなどが街にあふれ出るストリートシアターの祭典。
全国各地や海外から気鋭のアーティストたちが静岡に一堂に集結し、
ここでしか観ることのできないパフォーマンスを繰り広げます。
驚きも、笑いも、感動も、オープンエアーな環境だからこそ得られる体験を提供します。

ストレンジシード静岡2020

日程
2020年5月2日(土)〜5日(火・祝)
会場
駿府城公園、静岡市役所・葵区役所、常磐公園など静岡市内
料金
予約不要・観覧無料 ※一部予約制の場合あり
参加予定アーティスト




フェスティバルディレクター:ウォーリー木下
プログラムディレクター:若林康人
ジェネラルマネージャー:佐和ぐりこ
テクニカルマネージャー:大石宣広
運営・制作:高橋ゆうき、菅井一輝、菅沼新太、蔭山ひさ枝、岡崎彩音、谷口裕子
アートディレクター:山口良太
スタッフ:草野冴月、ゆみた
コンセプター:甲賀雅章

イラスト:しりあがり寿

主催:静岡市
共催:SPAC-静岡県舞台芸術センター
令和元年度国際文化芸術発信拠点形成事業