header_sp_s

ARTISTS

突劇金魚

大阪演劇
会場 芝生ステージ
日程 2019年
5月5日(日)16:00
5月6日(月)15:00
出演 山田まさゆき(突劇金魚)
神藤恭平(DanieLonely)
澤井里依(舞夢プロ/EVKK)
スタッフ 作・演出:サリngROCK(突劇金魚)
予約不要・参加無料

『不安のランチ』

平和な公園にリヤカーを引いた女が現れて、芝生にリヤカーを止める。
女はいそいそと罠を仕掛けはじめる。
それはかわいそうな娘のため。
ゴールデンウィーク、気持ちのいい公園で、気持ちの悪い話をします。

突劇金魚

関西学院大学の演劇サークルに所属していたサリngROCKを中心に結成。
2007年に應典院舞台芸術祭space×dramaで最優秀賞を獲得した『愛情マニア』にて2008年に第15回OMS戯曲賞大賞を受賞。
2009年に第9回AAF戯曲賞最優秀賞、若手演出家コンクール2012優秀賞、第57回&第62回岸田國士戯曲賞にノミネートされるなど実績を積んできている。
2019年2月にJAPAN SOCIETYに選ばれた『漏れて100年』のリーディング公演がニューヨークで行われた。
作品の下敷きにあるものは「現代を生きることで感じる、不安や憤り」である。
そこに、なんとか希望を見いだそうとする人々の姿を女性の視点からなるべく滑稽に、そしてリアルに、描きだす。
最近は劇場公演だけではなく長屋を改装したアトリエでのロングラン公演など実験的な活動も展開している。